« エアオペレーションテクノロジーズ「冷凍食品の常識を変える3-Dフリーザー」 | トップページ | いよいよ明日開催です! »

木原製作所「食品に付加価値を与えながら省エネ70%オフを実現する乾燥機」

Mrkihara_2 最後に紹介する出展企業は、木原製作所(本社/山口県山口市)。椎茸乾燥機で第30回優秀省エネルギー機器表彰(日本機械工業連合会主催)にて日刊工業新聞社賞を受賞するなど、注目の同社を牽引する木原康博社長にお話をうかがいました。(写真は木原さん)

出展テーマ:食品乾燥機

木原製作所は、創業1902年。製塩釜や小型船舶用内燃機関の製造をルーツとするとする会社です。昭和初期に大蔵省より依頼を受けて、農産品の中でも高度な技術を要すると言われる葉たばこ乾燥機の製造販売を開始。そこで培った乾湿球温度管理技術を応用したのが、今回出展テーマである食品乾燥機です。

乾湿球温度管理とは、空気の温度と乾燥の対象物の品温を計測して制御すること。表面が硬化して内部の水分を閉じ込めてしまう前に、品温を温めながら中の水分を表面に出し、効率よく蒸発させます。

燃焼炉と送風機で熱風を最大限に循環させて、従来の送風式の乾燥機と比べて燃費70%オフを実現。しかも、適切な水分・温度条件のもとで、最適な成分変化を促進するので、保存性・運搬性を高めながら独特な風味を生み出すなど、食品の高付加価値化をお手伝いします。(写真下左/椎茸乾燥機、右/乾燥機で乾燥した食品例)

Kansouki_2 Dsc_3748_2   

導入事例としては、沖縄発全国大ヒットの梅菓子「スッパイマン」や、クロカワカジキのジャーキー、野菜パウダーの粉砕工程前の乾燥処理など、さまざま。ニーズに合わせて最適な乾燥機を提供しています。

今回は、乾燥機で乾燥させた食品のサンプルを展示。とにかく乾燥工程が必要な方は、個人や企業を問わず、ぜひご相談いただきたいという木原社長。新製品の開発をお考えの食品会社や農業法人、厨房機器メーカーなどとの出会いに期待しています。

株式会社木原製作所

本社:山口県山口市秋穂西3106-1 
URL:www.kiharaworks.com

|

« エアオペレーションテクノロジーズ「冷凍食品の常識を変える3-Dフリーザー」 | トップページ | いよいよ明日開催です! »

3)山口県発元気企業」カテゴリの記事

木原製作所」カテゴリの記事