デコス

デコス「新聞紙からリサイクル、断熱・調湿・防音材セルロースファイバー」

Mrfujita_3 出展企業紹介3社目は、株式会社デコス(本社/山口県下関市)です。

平成16年第12回地球環境シンポジウム地球環境技術賞を受賞、平成18年第3回エコプロダクツ大賞審査委員長特別賞(奨励賞)受賞など、地球にやさしい技術と商品を提供する会社。取締役営業部長の藤田さんにお話をうかがいました。(写真は藤田さん)

出展テーマ:調湿する断熱・吸音材セルロースファイバー

Photo_2デコスが出展するのは、古新聞紙をリサイクルして生産される、セルロースファイバー。壁・天井・床などの断熱・吸音材として使われていますが、環境にやさしく、人にもやさしい建材として、注目を集めています。

セルロースファイバーは、新聞紙、つまりパルプ=木から作られる、天然繊維です。触ってみるとふわふわ。 それは、天然であるがゆえに、繊維そのものの太さが不均一で、繊維と繊維が絡み合う間に空気の層を作るからです。さらに、1本1本の繊維の中にも空気胞が存在、その空気胞が熱や音を伝えにくくするとともに、湿度を適度に保ってくれる性質があります。

Photo_13 そして、その性能を最大限に活かす施工法が、デコスドライ工法。天井・壁・床など、用いる場所に適した空気 の通り道を確保しながら、乾式吹込により隅々まで充填し、最大限の効果を実現。シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの心配のない建材として、安全安心な住居の提供に役立っています。

  デコスは現在FC制度を導入。全国55社とフランチャイズ契約を締結し、セルロースファイバーの普及を進めています。本イベントでは、セルロースファイバーデコスドライ工法の導入をご検討いただくとともに、FCや販売提携のパートナーとの出会いを楽しみにしています。

株式会社デコス

本社所在地:山口県下関市熊野西町6-13 
東京事業所:東京都中央区日本橋本石町3-3-8-8F 
URL:www.decos.co.jp

|